FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ディオル
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

♪~ ゛(´д`*)゛~♪~♪

どうも、昨日は飲んで歌って帰ってきたおっさんみたいなディオルです。

昨日小学生時代からの旧友と遊ぼうということになったので家に呼んですが、やっぱ長らく会話してないと話が尽きないですね~

当初の予定では飲みに行くつもりはなかったのですが、「まぁ、久々に会ったんだし」っていう理由で思いっきり羽目外してきましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

そしてまぁ、飲みに行くだけでは物足りなかったですし、最近色々なことでストレスも溜まってたので思いっきり歌ってきたんだぜ(´∀`)9 ビシッ!!

さぁ、Mr.Childrenの曲でも早速歌おうかなぁ~とか思ってたんですが先日タックンに言われたことを思い出したので、今回はBUMPOFCHICKEN、コブクロ、GReeeeN、レミオロメンを含めてバランスよく歌ったよ

ですが、歌ってるときに自分でちょっとある変化に気づきました・・・

高い声しかでねぇ(;´Д`)

これ自分でもちょっと驚きました・・・

今まで低音でしか出てなかった声が高い声しか出なくなると言う変化・・・何故だろうとか思ってたらあっさり答えは出るものですね

たぶん最近ずっとミスチルの曲しか歌ってなかったからだね(;´∀`)

でも、高い声は出ても桜井さんみたいな高く太い声はなかなか出ませんでしたorz

まぁそりゃあ俺が桜井さんみたいに歌おうと思うこと自体身の程知らずもいいところなのですが、それでもやってみたいと思うのが人情。ミスチルの曲歌うときはなるべく意識して歌いました

けど、1時間歌ったあたりから

もういいや(オイ

となりました^^;

だいたい、ストレス発散のために歌ってるのに中々声が出ないからってなるとまたストレス溜まりますよ

なので残りの時間は思いっきり楽しんで歌いましたよ(*´∀`)

声の出し方なんかは友達を拉致してまたカラオケ行くときに練習すればいいんですよ

独りカラオケみたいなものがあるみたいですが、それはちょっと恥ずかしい&寂しいので絶対やることはないです。うん。

さて、すっかり前置きが長くなりました

今回も本の紹介はやりますかね~(MoEネタも今回は若干ですがありますよ~

はい、今回紹介する本はこちら

銀河鉄道の夜 (岩波少年文庫)銀河鉄道の夜 (岩波少年文庫)
(2000/12)
宮沢 賢治

商品詳細を見る


知ってる人は多いと思います。というか本読むなら知ってるはずだろとも言える文学作品の代表作

「宮沢賢治著:銀河鉄道の夜」

「紹介:内容(「BOOK」データベースより)
宮沢賢治の童話集。夜の軽便鉄道に乗って天空を旅する少年ジョバンニの心の動きを描いた表題作」

この本との出会いは中学生の頃ですね。
ただ、あの頃は頭が悪すぎて1回読んだだけじゃほとんど理解できずにすぐ匙を投げてしまいました。

そんで高校生の頃本棚に埋まっていたのを見つけて改めて読んでみることに

まだまだ理解に苦しむところはありましたが、読み進めるうちに独特の世界観にいつの間にかのめり込んでいました。

けど、紹介はしましたがコレの読書感想を言えと言われると正直何とも言えませんorz

表現が理解しにくいところがあったので、話の内容は分かりますが詳細な感想が言えないのでここでは遠慮させてください(;´Д`)

そうそう、ここで一つ「銀河鉄道の夜」に関してトリビア?的な物を

この小説実は色々なバージョンがあるようです
これどういうことかというと、宮沢賢治は何度も原稿いじる人だったみたいで直した時期によって台詞や構成が変わっているとのこと。

まぁ、自分は上の一冊詩か読んでないのでこれについては確認取れてませんが・・・(マテ

というか書いてて思ったんですが

wikiに載ってるじゃん(´・ω・`)

なんだ、別にトリビアじゃないや・⌒ヾ( ゚⊿゚)ポイッ

詳しくはこちらを参照してください
銀河鉄道の夜 wiki

はぁ・・・今回は全然宣伝になってませんね。

まぁいいけどヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ(オイ

さて続きましてはMoEネタです。(SSはないです。本当にすみませn

先々日珍しく我がFS:DEAVAのサブマスがインしてたもので早速一緒にタルパレに狩りに出かけました

しかし、行ったのはいいですけど侍やらPTがいてタルが全くいないという・・・

いや、正確にはいるにはいるんですが二人で手を出せるようなタルが皆無だったんですよねぇ

祭壇頂上のメビウス教授はピンピンしてましたし、もとい祭壇に二人で突入する勇気と実力がない!

というわけで思いっきり路頭に迷ってました( ゚д゚)

でも、そんな俺たちに希望の光が!

カオスまでという条件付で知人がタルパレ狩りに付き合ってくれることにワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

侍二人で路頭に迷ってることを話すと

ドラクエで言う「がんがん行こうぜ」じゃん

と突っ込まれました(;´∀`)

うん、まぁ、そう言われると本当にそうですね・・・

けど、侍に「命は大事に!」って言うコマンドは存在しないんだぜ!
(自分は小心者なので命を大事にしますが・・・

そんなこんなで地の門が始まるまでお付き合いしてもらいました

d(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д゚)b

色々書きたいんですけど、今回もまた長文になってるようなのでこの辺にしておきます

詳細に関してはサブマスとそのフレが共同でやってるブログ読んでください。
(↓にリンクがあります

|ω・)ノシさてはて、疲れてるので今回はこの辺で失礼させていただきます

スポンサーサイト
by ディオル
02:22 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
忠告と悩み? | top | (((゚д゚)))ガクガク

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://shinpisamurai.blog116.fc2.com/tb.php/43-4f1d0a18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。